2020年8月8日土曜日

未確認生物 研究所

 未確認生物の日本国内に実在する研究所もあります。それが未確認生物研究所つちのこ学会です。この会はあの有名な未確認生物ツチノコの、研究と捕獲、養殖を目的としている団体

ツチノコはかなり以前から北海道と南西諸島をのぞいた日本全国で目撃例があり、木槌にも似た形態で胴が太い蛇とも形容されています。

非常に大ブームとなった時期もあり、現在も自治体などから懸賞金が出ています。懸賞金を出したのは奈良県吉野郡下北山村をはじめ、岐阜県の加茂郡にある東白川村や、岡山県の赤磐市、新潟県の糸魚川市など。

ただ近年は少子高齢化などから、ブームの消滅や目撃情報例の減少が起こっています。




このハンター研究員の減少を食い止めるため、2019年に「地域づくり団体ツチノコ共和国」と「未確認生物研究所つちのこ学会」が業務提携を始めました。

さらに「つちのこ学会」では、生きたツチノコを捕獲し提供すると業界最高値の5億円が支払われます。ビックリするほどの高額ですが、かなり厳しい条件がかかっています。

先ずは捕獲エリアは日本国内。次が大事なことですが、日本国内でも懸賞金が出ている自治体や団体があるエリアの捕獲は無効ということ。生後10ヶ月以内ということや提供後に5年以上生存、繁殖に成功などかなりの条件です。

驚きが続くツチノコですね。






2020年8月6日木曜日

未確認生物 アフリカ

未確認生物アフリカで有名なものが、モケーレ・ムベンベです。アフリカ大陸中央部の熱帯雨林地帯に生息しているとされるUMA

コンゴ共和国に存在するテレ湖で、多くの目撃例が報告されています。テレ湖は楕円形をした湖で、周辺はコンゴ川の支流が入り組んでいる湖沼の多いところ。

モケーレ・ムベンベは、現地人に語り継がれてきた伝説上の怪物の名前。シカゴ大学生化学者のロイ・マッカル氏の聞き取り調査によれば、1959年にピグミー族が2頭のモケーレ・ムベンベを目撃。1頭を仕留めることに成功したものの、その肉を食べ全員死んでしまったそう。






恐竜の生き残りの推測もあるモケーレ・ムベンベ。1988年には、早稲田大学探検部がテレ湖まで行き調査をしています。その際、テレ湖はとても浅い湖ということが確認されています。水深は平均でもわずか2mほどで、とても大きな生物が隠れられるところではありません。

ほかにも、英国テレビ局のBBCが行った調査では、動物図鑑を現地人に見せたところサイを指さした記録もあります。ただ熱帯雨林にはサイ自体が、生息していないという謎も残ります。

一説にはモケーレ・ムベンベは固有の動物ではなく、違う意味合いではないかとも。例えば化け物などと言う意味では、不思議ではありません。

ちょっとビックリですね。








2020年8月2日日曜日

未確認生物 ヨーウィ

未確認生物ヨーウィは、オーストラリアで語られるアボリジニ伝承に登場するもの。猿と人の特徴をあわせ持った、いわゆる獣人タイプのUMA。近年になって目撃報告が頻発しおり、研究者たちから注目を集めています。

目撃の歴史は非常に古くからあり、オーストラリアへの白人入植前から、先住民アボリジニの間ではヨーウィの存在は言い伝えられてきました。

形態を見ると、人並みに直立2足歩行が可能で、長い毛に全身が覆われている。肩幅が広い体格は、筋骨隆々で手足は非常に長い。

ヨーウィ独特の形態として 首が異様に短いので正面から見ると、肩に頭がめりこんだように見えるというもの。このような様子が伝わっています。








現在まで収集されたヨーウィに関するデータは極めて多数、驚きの3200件以上 。

最も目撃が多発した時期は、第1次世界大戦の最中の1914年から1920年代。ほかにオーストラリア国内で、本格的移民法が制定された1970年代

オーストラリア全土で記録される目撃例ですが、特に多発しているのがニューサウスウェールズ州のブルーマウンテン国立公園にある山中や森林地帯。

一説にはこれら一帯のどこかで、ヨーウィの巣があるのではと考えられています。

うーん、非常に確かめたいところですね。







未確認生物 研究所

 未確認生物 の日本国内に実在する 研究所 もあります。それが 未確認生物研究所つちのこ学会 です。この会はあの有名な未確認生物 ツチノコ の、研究と捕獲、養殖を目的としている 団体 。 ツチノコはかなり以前から北海道と南西諸島をのぞいた日本全国で 目撃例 があり、木槌にも似た形...